2012年04月29日

“みんな”

日本人って不思議な人々だなぁと思う。“みんな”と共にあることに無上の歓びを感じるんだろうなあ。

だから、"RIOT"はたぶん起きない。それは“みんな”に迷惑をかける行為だから。「避難とか放射能危ないとか騒いでる人はちょっと… だって、“みんな”食べてるんだし、毎日仕事して頑張ってるんだし… 自分だけいつまでも怖いとか嫌だとかいうのはちょっと…」

たぶんふつうの日本人にとって“みんな”とはぐれてしまうことは最大の不幸であり恐怖であり恥なんだ。“ひとり”になることはそれだけで負けなんだろう。

表面的に見れば、悪いこととは言えない。集合的多数のために個々が力を尽くすのは必要なことだし、美しくさえある。でも、僕自身は正直、どうしようもない居心地の悪さを感じる。

「“みんな”やってるし」「“みんな”使ってる」「“みんな”そんなこと気にしてない」「“みんな”そうやって儲けてる」そんな風にして、日本人は大量消費漬けになり、島は「開発」されつくし、手付かずの自然が残っている稀有な場所は原発の建設地となった。

そして“みんな”が大好きな割に、現代の日本人には利己的で冷たい印象を受けることのほうが多い。ホームで人身事故のアナウンスを聞いて舌打ちする人たちが、どの口で「“みんな”のため」を謳うのか。

つまり、そこには“みんな”に対する従属と配慮はあっても、ひとりひとりの“あなた”“彼”“彼女”に対する思いやり(=忍耐と寛容)はないような気がする。“私”に対しても…

“友愛”とは“ひとり”であることの重さを引き受けた者同士が、互いの相違点や反発点を許容した上で、同じ人間同士として手を差し伸べあうことだろう。

“みんな”は“ひとり”をないがしろにする。みんなと違う“ひとり”の存在を嫌がる。だからそれは“友愛”にはなり得ないし、“ひとり”が存在しない以上、誰も責任を取らないのだ。

そうそう。“みんな”においては「誰も責任を取らない」。
posted by snail trail at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。