2012年10月12日

ピンチはチャンス

人間は自分のやっていることを分かってしているつもりでいるけども、実は私たちの行為の大半はほとんど意識に上らない脳の活動に支配されている。そろどころか、私たちが意識する生活体験は、本当は他の理由でなされた行為をあとづけ的に合理化したものにすぎないのかもしれない。

神経学者(neurologist 近年流行りの呼び方なら“脳科学者”)のV・S・ラマチャンドランは「半側無視」という奇妙な症例について書いている。脳の特定部位に損傷を負った患者がいて、彼女は体の片側(左側だったと思う)にあるものを認識できない。ところが、この患者の障害は〈何を〉を処理する部位にあり、〈どうする〉を処理する部位は損傷を受けていない。その結果、この患者は例えば体の左側にあるポストのような箱を認識することはできないが、そこに物を投函することはできるのだ。
箱に空いた穴は細長いので、物を入れるには縦にするか横にするかして、穴の形に合わせなければならない。この女性は、そこにポストがあることは分からないのに、間違わずに物を投函することができるのだそうだ。なぜ、縦にして入れたのか、あるいは横にして入れたのか訊いても、論理的には答えられない。何となくそう感じたから…

この話を読んで思ったのは、私たちが「直感」と呼んでいるものも、実はこうした意識に上らない脳の活動のポテンシャルのことなのかもしれない、ということだ。霊感、ヤマ勘、第六感… 私たちの自己意識が認識していないにもかかわらず、どうすべきか実は答えが分かっているということがある。

**********************

近所に、私が長野に来るきっかけになった友人が住んでいる。彼は高校を卒業して以来、今まで一度も就職したことがない。二十代の頃は、夏は北海道、冬は沖縄と往復し、キャンプ場で生活していたという。一年中旅ガラス。季節労働で時折現金を稼いで、あとは好きなことをやって遊んでいた。今では三児の父となり、田圃と畑で自給しながら、農家民宿とカレー屋で生計を立てているが、基本的なメンタリティーは若いころと変わっていない。サラリーマンの家に生まれて真面目に大学まで出て就職した私は、彼と話すと内心、目から鱗が落ちる思いをすることが多い。

我が家は現在、けっこう経済的に逼迫している。世の中が不景気になると私のような業界のスキマで食ってるフリーランサーは直撃を食らう。しかも、ただでさえ仕事のタマ数が激減したところへ、こちとら“自主避難”中なもので、落穂拾いもママならない。相当なピンチである。
そんなわけで、友人の家で呑んで愚痴っていると、彼が「ピンチはチャンスやで〜」と言う。実は同じことを数日前に妻と義母に言われたばかりだった(義母に関しては「電話で私と同じこと言ってたよ」と妻から聞いただけだが)。いや、そりゃそうなんだけどさ〜…言うは易しでさ…

友人曰く、
「snailさん、人の下で給料もらって働くタイプちゃうやろ?下手に勤めたりせんほうがええんちゃう?人間、ギリギリになって、もうほんま明日までに金がいるぅ〜って段になって、初めて出てくる知恵があるで。ピンチになって初めて本物のアイデア出るよ。俺なんかこれまでずうーっとそれの連続でやってきたんやけど」
「最近、人から給料もらって経済的に安定しようって生き方って、実はものすごく危険なんやないかと思ってきてんねん。結局、会社の中でどうしようもない状況になっても辞められなくなるやろ。他の生き方でけへんようになってしまうやろ。逃げることもでけんやんか」

彼は田圃や畑をやってはいるが、根っから狩猟採集民のメンタリティーなのだ。私などは、なんやかんや言っても、どうしても仕事を中心に生活を考える。できるだけ長く継続できて、収入を安定させられる方法はないだろうか、と当然のように思案する。一方、彼にはそんな“まっとうな仕事”というコンセプトがどうやらそもそもないみたい。稲刈りが済んだ今はもう、早く雪が降り始めることをひたすら待ちわびている。冬になって雪が降ると「やらなあかんこと(農作業や仕事)」から「やりたいこと(遊び)」の季節になるんだと。もう鹿島槍の頂上からスノボで新雪に突っ込むことしか頭にないのだ。農業も彼にとってはそういうライフスタイルを成立させるための手段でしかない。必要なカネはその都度調達すればいい。

これに対して、私のような農耕系のメンタリティー(と仮に呼ぶ)は、生きるための営為をルーティン化することでリスクを最小化することを目論む。でも、そうした結果、ルーティンの内部でしかリアリティーを感じられなくなり、そこからしかものを見られなくなる。きっと、いったんこうしたルーティンを受け入れてしまうと、膨大無限な脳のシナプスの結合の中に固定的な回路ができてしまうんじゃないだろうか。そして、この小さな回路の上に“自我”、自己意識を築いてしまう。この、思考と認識と行動のルーティン化の歴史は古い。現代日本のサラリーマンなどはその究極の完成形に近いのかもしれない。

「ピンチ」はこのルーティンの“外部”を突き付けてくる。だから、それに対処するためには自分の思考と認識を超えたものが必要になる。そのような知の形態を、人は「直感」とか「勘」と呼んでいたはずだ。ギリギリに追い詰められて、「明日、カネが必要」な事態になって初めて、直感やら第六感やらを総動員することになる。だから、給料もらってしまうと「勘が鈍る」と友人は言う。そして、だからこそ「ピンチはチャンス」なのだ、と。

**********************

インドのヒンドゥー教徒が最も崇拝しているのがシヴァという神様で、これは破壊神だ。考えようによっては、これは農耕文化の中に宗教という形で残された、狩猟採集民の心なのかもしれない。生活の、ひいては社会のシステム(ルーティン)が根本から脅かされる事態に直面しない限り、人はそのポテンシャルのすべてを発揮することはできないということを、インド人は知っているような気がする。だから、破壊神シヴァが、祟り神として畏れられるのではなく、ストレートに崇拝の対象になっているのではないだろうか。

まあ、我が家の家計のピンチなどは、所詮小さな話だ(もちろん私にとっては切実だが)。
どんなに国を挙げて平静を装い、ルーティンを続けようとしていても、日本に住む人のすべてが今、前代未聞のピンチに陥っていると考えている。
ピンチはチャンスなのだ。ルーティンにしがみつくことを止め、ギリギリのところで直感を武器に勝負すれば、脳の深奥に眠っていたポテンシャルを取戻し、新しい道を拓くことができるかもしれないではないか。



posted by snail trail at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。