2012年12月23日

負債:その5000年の歴史 1-1

Occupy Wall Street の理論的指導者、人類学者、アクティビスト、アナーキストである David Graeber の "DEBT:THE FIRST 5000 YEARS"は、経済そのものの根源を問う非常に刺激的な本です。極めてラディカルな内容ながら平易な英語で書かれており、大学の教養レベルの英語力でも十分読みこなせます。紹介として、導入部を翻訳してみます。興味を持たれたら、ぜひ原書にトライしてみてください。

CHAPTER 1 On The Experience of Moral Confusion (1)
(3回か4回に分けて掲載します。)

第一章 よくある道徳的混乱 @

 二年前、私は奇妙な偶然の成り行きで、気づくとウェストミンスター寺院のガーデン・パーティに出席しており、いささか居心地の悪い思いをしていました。別に他の客たちが不快だったり、友好的でなかったりしたわけではないし、パーティを主催したグレーム神父は、思いやりと魅力あふれるホスト以外の何ものでもありませんでした。にもかかわらず、私はかなり場違いな気分でした。ある時点で、グレーム神父が助け舟を出してくれました。噴水のそばに私が興味を持つような人物がいると言うのです。彼女は、若くてこぎれいな身なりの、真面目そうな女性で、神父が言うには弁護士だということでした―「と言っても、アクティビスト的なタイプですよ。反貧困活動グループに法的サポートを提供するロンドンの組織で働いておられます。きっとあなたと共通の話題がたくさんあると思います。」

 私たちは談笑し、彼女は仕事について話してくれました。私は、もう何年もグローバル・ジャスティス・ムーブメント―当時メディアでは「反グローバリゼーション運動」と呼ばれていました―に関わってきたことを話しました。彼女は興味を示しました。当然、彼女もシアトルやジェノアに関する記事は読んでいたのです。催涙ガスや市街地での衝突やら何やら… でも、ああしたことすべてで、いったい何が達成できたのかしら?

 「実際…」と私。「あの最初の2年間で私たちは驚くほど多くの事を達成しましたよ。」
 「例えば?」
 「そう、例えばIMFをほとんど完全に破壊することができました。」

どうやら彼女はIMFの本質を理解していなかったようなので、私は国際通貨基金が世界中の国々に対する債権者として振る舞っていたのだということを教えてあげました―「言ってみれば、人の足を折るようなことを高度な金融の世界でやっているわけです。」

さらに私は歴史的な背景を説明しました。1970年代の石油危機の最中、OPEC諸国が新たに手に入れた膨大な富が欧米の銀行に流入し始めた結果、銀行は投資先のあてがなくなってしまったこと。シティバンクとチェイスが世界中に人を送り、第三世界の独裁者や政治家たちに融資を持ちかけたこと(当時、これは「ゴーゴー・バンキング」呼ばれていました)。当初、非常に低金利だったそうした融資の金利が、80年代初頭のアメリカの厳しい通貨政策によって、すぐに20パーセントかそこらまで跳ね上がったこと。そして、このことが80年代、90年代の途上国債務危機につながったこと。そこにIMFが介入し、融資することと引き換えに、基本的な食料に対する関税保護の撤廃や、さらには将来を見据えた食料備蓄計画の廃止、無料で医療や教育を提供することの廃止まで強要したこと。こうしたことすべてが、地球上でもっとも貧しく力のない人々に対する極めて基本的な生活支援をすべて崩壊させることにつながったこと。私は、貧困について、公共の資源の略奪について、共同体の崩壊について、地域にはびこる暴力について、食糧不足について、絶望と破壊された人生について語りました。

「で、あなたがたの立場は?」と女性弁護士は訊きました。
「IMFについてですか?私たちはそれを廃止したかった。」
「そうじゃなくて、途上国債務についてです。」
「ああ、私たちはそれも廃絶しようと考えました。早急な要求としては、IMFが構造改革政策を強要するのを止めさせること。直接的なダメージはすべてそこから来ていましたからね。それについては驚くほど短期間で達成することができました。長期的な目標は負債を帳消しにすることでした。聖書に出てくる大赦のようなものですね。私たちに言わせてもらえば、30年もの間、最も貧しい国々から最も裕福な国々に金が流れ続けたわけですから、もういい加減終わりにすべきでした。」
「でも―」
彼女はあたかも自明のことのように反論しました。
「お金を借りたわけでしょう?負債を返済するのは当然の義務だわ!」

ここへ来て私は、彼女との会話が当初、期待していたのとはだいぶ違ったものになることを悟りました。
どこから説明したらいいのでしょう?もともと金を借りたのは人々に選ばれたわけではない独裁者で、その金はそのままスイスにある彼らの銀行口座に収まったことを説明することもできます。そして返済を迫られるのは独裁者本人や、その取り巻き連中ですらなく、文字通り腹を空かせた子どもたちの口から食べ物を奪い取ることになるのだということの道義的是非を彼女に考えてもらうこともできたでしょう。あるいは、こうした貧しい国々の多くがすでに借りた額の3倍ないし4倍を返済しているにもかかわらず、複利という信じがたい方式のせいで、いまだに元金返済までに至っていないこと。また、借金を補綴するために再融資することと、その条件としてワシントンかチューリッヒでつくられた、ありがちな自由主義市場政策に従うことを強要することは、全く別だということ。そうした国々の人々はそのような政策に同意したわけではありませんし、これからも同意することはないのです。さらに、民主的な憲法を採用するよう強要しておきながら、選挙で選ばれたリーダーが政策を決定できない状況を強要するのは、あまりに不正直なやり方だと指摘することもできます。あるいは、IMFが提示した経済政策は全く効果がないということも。
しかし、ここにはもっと根本的な問題がありました。つまり、なぜ負債は返済されなければならないと考えられているか、ということです。


実は「負債は返済しなければならない」という主張は、通常の経済の原理に照らしても、正しくないのです。貸す側はある程度のリスクを背負うことが当然です。もし、どんな馬鹿げたものでも、融資が必ず回収できるものであるとするならば―たとえば破産法が存在しない場合などを想像してみてください―そのもたらす結果は悲惨なものです。貸主がとんでもない融資をしない理由がなくなってしまいます。

「一般的な常識に従えばおっしゃるとおりです」と私は彼女に言いました。「でも実は、経済の仕組みを見ると、融資とはそのようなものではないのです。金融機関というものは、利益を上げる可能性のある投資先に資金を配分する役割をするものであると言われています。もし、何が起ころうとも銀行が元金と利息を回収できるとしたら、このシステム自体が機能しなくなるはずです。例えば、私が王立スコットランド銀行の最寄りの支店にふらりと入って“実は今度のレースに関する耳寄りな情報が入りましてね。200万ポンドばかり融資してもらえませんか?”などと言ったとします。当然、私は笑いものになるでしょう。それは彼らが、私の賭けた馬が勝たなかったら金を取り戻せないことを知っているからです。でも、何があっても彼らが貸した金を取り戻せることを保証する法律があったらどうでしょう。私が娘を奴隷に売ったり、自分の臓器を売ったりしてでも返済することを強制する法律があったとしたら。そうなれば、彼らを止めるものは何もありません。どこかの誰かがコインランドリーか何かを始めるためのまっとうな起業計画を持ち込むのを待っている必要はどこにもなくなります。IMFがグローバルなレベルでつくり上げたのはまさにそうした状況でした。そもそも、そうした状況が出来上がっていたからこそ、悪人であることが明白な連中に多くの銀行がこぞって何百億ドルという融資を持ちかけることになったのです。」

それ以上深くは話せませんでした。というのも、このあたりまで話したところで酔っ払った金融マンがやって来て、私たちが金の話をしていることを知ると、“モラル・ハザード”がうんぬんといった見当はずれの話をし始めたからです。気づくとそれは彼の性的遍歴に関するぞっとしない自慢話に取って代わっていました。私は退散しました。

しかし、それから数日間、彼女の言葉が頭の中で反響していました。

「負債を返済するのは当然」

この言葉の強烈な説得力は、それが経済的ではなく、道徳的な主張であることからきています。そもそも、“道徳”とは他者に対する債務以外のなにものでもないのではないでしょうか。必要な支払いをすることこそ、責任を果たすことである。人は他者に対する義務を果たすべきであり、あなた自身も他人にそう期待する。約束を破ったり、借金の返済を拒んだりすることは、責任放棄の最たる例だとされるでしょう。

しかし、この自明性こそ、この言葉のもっとも厄介な呪縛だと私は気づきました。このような言葉は、世界で起きている恐るべき非道を、まるで取るに足らない、当たり前のことのように思わせる力を持っています。大げさに聞こえるかもしれませんが、その結果を実際に目にした者としては、このことを強調してもし切れません。
私は二年近くの間、マダガスカルの高地に住んでいました。私が到着する直前に、マラリアの大流行がありました。マダガスカル高地では遠い昔にマラリアが撲滅されたので、二世代ほどを経てほとんど人々は免疫を失っていたため、極めて深刻な事態となりました。マラリアを媒介する蚊を撲滅するプログラムには予算が必要です。蚊が繁殖していないか定期的に調査し、繁殖していることが分かれば殺虫剤の噴霧などを行う必要があります。大した金額ではありません。しかし、IMFから融資を受けていた政府は緊縮財政を強いられており、この監視プログラムを打ち切らざるを得ませんでした。その結果、一万人が死にました。私は、子どもを失って悲嘆にくれる若い母親たちに会いました。無責任な融資の結果として生じたシティバンクの損失を抑えるために、一万人の命が失われたことを正当化することができるでしょうか。そもそも彼らにとっては痛くもかゆくもない額なのです。しかし現に、仮にも慈善的な活動に携わる心ある女性が、それは自明のことだと言い放つのを私は聞きました。だって、彼らはお金を借りたのでしょう?負債を返済するのは当然だわ、と。

(つづく)




posted by snail trail at 19:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。